更年期の症状にはツボ刺激が一番

更年期の症状にはツボ刺激が一番

更年期障害は、ツボを刺激することによって、緩和をしていくことができるとされています。ツボを刺激することで、生殖器を正常に働かせることができるようになったり、自律神経を整え、女性ホルモンの分泌量を増やしやすくしたりすることができるといわれています。更年期障害に対して適しているツボの位置を知っておけば、自分でいつでも刺激をすることができるようになります。

 

生理痛に対しても効果があるとされている、血海や三陰交は、更年期障害に対しても効果があるとされています。血海というのは、膝の皿の上の位置にあり、三陰交というのは、くるぶしの上のほうにあります。三陰交を刺激することによって、女性ホルモンの分泌を促すことができるようになるため、特に効果的だとされています。

 

さらに湧泉といわれるツボが、土踏まずの中央部分から上に移動した場所にあります。この湧泉にも、女性ホルモンの分泌を促す作用がありますから、湧泉のツボもしっかりと押さえるようにしましょう。

 

これ以外にも、足の人差し指と親指の骨が交わっているところに、大衝といわれるツボがあります。また、大衝と足の付け根にある行間というツボは、更年期障害の症状であるイライラやめまい、睡眠障害などといった症状を緩和させる作用があります。

 

普段からこれらのツボを押さえることで、更年期障害を改善しやすくすることができるようになるかもしれません。さらに、更年期によくある足のむくみの解消にもつながります。