膝の痛みに漢方

膝の痛みに漢方

膝痛に多く見られる原因として、膝の関節部分の軟膏が磨耗している状態が見られます。特に高齢者に多くなっていて、軟骨がすり減ることによって骨同士が擦れ合って、膝に痛みを引き起こしています。こういった膝痛の対処に漢方が利用されることもあり、体の調子を整える効果があるので膝の痛みだけでなく他の不調も改善できるとして人気があります。

 

漢方の視点からは、膝痛はただ膝が痛いというだけではありません。膝痛に直接効く漢方を処方するというよりも、身体の調子を整えることで、結果膝痛も直ると考えます。

 

膝痛になりやすい人は、むくみや、冷えを生じやすい、また多汗症、めまいや耳鳴りが起きやすいといった傾向があるようです。これらの共通点は、体内の水分の巡りが悪いために生じやすく、こういった人は膝に水が貯まりやすく膝を痛めやすくなります。

 

また、高脂血症のように血液中の中性脂肪やコレステロールが過剰にある状態も水分の巡りが悪くなりがちで、多くの病気を引き起こしやすく、漢方による処方で改善することが可能です。

 

膝痛に対して処方される漢方の代表的なものは防已黄耆湯というもので、水分の巡りを良くして膝痛を改善します。痛みが強い場合には、防已黄耆湯と麻黄という漢方が一緒に処方されることがあります。

 

漢方は基本的に症状に合わせてオーダーメイドで処方しますから、体質をしっかり医師に告げて処方してもらいます。持病や服用中の薬がある場合は必ず伝えるようにしましょう。

 

他にも膝痛サプリランキング@膝の痛みにおすすめなのはこれ!