メソセラピー後のアフタケアについて

メソセラピー後のアフタケアについて

メソセラピーというのは脂肪溶解注射の別名ですが、施術を受けた後に腫れや痛み、場合によっては内出血を引き起こすこともあります。

 

もちろん個人差があり、人によっては何もなかったりすることがありますが、逆に痛みも腫れもある場合もあります。では施術後についてですが、施術をしてすぐは10分ほどの熱を帯びたような痛みや多少の腫れがあります。

 

これは時間が経てば引きますので心配する必要はありません。問題はその後ですが、施術後すぐの痛みが治まってから筋肉痛のような痛みがあります。軽い痛みなので特に生活する上で問題はありませんが、もし支障が出る場合は痛み止めを貰っておきましょう。基本的にどの症状も1週間から2週間程で収まりますので、不安になるかとは思いますが様子をみましょう。

 

また、施術後の過ごし方についての注意点ですが、施術当日は入浴は避け、シャワーなどで済ませましょう。翌日からは問題なく入浴してかまいません。また、腫れが酷い場合は無理な運動は避け、腫れが落ち着いてから運動をするようにしてください。施術後はマッサージをすることで薬剤が拡散されてより高い効果をえることができます。

 

手が空いたら施術部分をマッサージすることをオススメします。一部に薬剤が蓄積されるとしこりのようになってしまうこともありますのでマッサージは積極的に行いましょう。ちなみに、施術後は代謝がよくなっていますので運動をすることで脂肪燃焼に効果が出るでしょう。痛みや腫れがなければやってみてください。